この時代だから?ゲーム課金で債務整理なる人たち

MENU

CLOSE

この時代だから?ゲーム課金で債務整理なる人たち

借金の原因となるのは「浪費」ですが、最近はスマホゲームで借金することもあるようです

 

ゲームよりたちの悪いスマホアプリ

借金の原因は時代を問わずあまり変わらないようです。ギャンブル、浪費、低収入など、お金を必要以上に使う場合に借金をしてしまいます。そして気づけば借金に依存する生活となり借金を借金で返すようになる。この悪循環に入ったらあとは限度額に達するのを待つばかりです。

ただ、最近はその内容に若干の変化が見られます。ギャンブルと言えばパチンコや競馬、競艇などですが、そこに株式だけでなくFXも入ってきています。そして、浪費にはブランドバッグや旅行、交際費などありがちなものが並ぶ中、スマホゲームへの課金も要注意項目となっています。

スマホゲームというのを簡単に説明するとスマホにダウンロードできるアプリですが、これが普通のゲームと違うのです。普通のゲームの場合でしたらハードを買ってソフトを買って、プレイするのが一般的でした。しかし、スマホゲームの場合はアプリを無料でダウンロードした後にそのシステムの中でどんどん購入していきます。

最初は無料だからゲームより安そうですが、強い装備やレアアイテムを購入すると1日で数千円単位のお金を消費してしまいます。場合によっては1月で10万円以上使い込む人もいるようです。入口は広いけれど到達点がない。これがスマホゲームの恐ろしさと言えます。

レアアイテムの単価は高く、1個500円や1000円はします。10個買ったら1万円なのです。直接お金を出さない分財布のひもが緩んでしまうのも考え物ですね。

債務整理をするなら早いうちにしないと大変!

単刀直入に言うと、スマホゲームへの課金は浪費です。生活に必要のないものや収入では買えないものの購入となった場合は自己破産の面積不許可自由に当たることが十分に考えられます。そのため、自己破産より前段階である個人再生や任意整理を行わなければいけません。

これらの手続きを行うためには安定的な収入があることを求められるので、もう滞納しすぎてどうしようもなくなる前に弁護士に相談しましょう。誰だってお金の失敗はあるもの。問題を大きくさせる方がよっぽど恥ずかしいことですよ

債務整理と切っては切り離せない過払い金の問題とは?

 

実はこちらもお金を払いすぎている?

このように、債務整理はいざという時の強い味方です。債務整理=自己破産というイメージは強いですが、最も軽い任意整理であればブラックリストへの記録も5年にとどまるので、自己破産に比べればだいぶリスクを軽減できるでしょう。ところが、今は債務整理を借金を払い終わった人まで行っています。これはどういうことでしょうか?

一時期、話題となったグレーゾーン金利。あなたも知らず知らずのうちに払っているかもしれません。実は2007年の法改正までは金融会社は法定率を超えた金利でお金を貸し付けていました。そのせいで本来払わなくてよい利息まで私たちは支払わされていたのです。このお金のことが過払い金と呼ばれています。

そう、いまネット広告でよく見かけるあれです。過払い金の返還は法律で認められているので誰でも取り返せます。時効も気になりますが、完済からスタートするので支払いが終わった日から10年は大丈夫です。

過払い金の返還は弁護士に頼みましょう

過払い金の返還は任意整理にあたるので、弁護士に相談することで代理人になってくれます。司法書士の場合は債務が140万円までと決まっているので、この点を踏まえても弁護士の方がわずらわしさがないです。

弁護士は私たちの気づかないポイントやしっかりとした計算を以て相手と交渉してくれるので、金融会社にけむに巻かれることもありません。強い弁護士事務所は債務専門としていて、実績豊富なところです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧