借金相談は司法書士?弁護士?どう違う?

MENU

CLOSE

借金相談は司法書士?弁護士?どう違う?

借金問題での弁護士と司法書士の違いは?

 

借金問題解決は法律のプロに相談を

借金問題を解決するためには法律のプロに相談して力を借りる以外にありません。自力で問題を解決するのはほぼ不可能であり、無駄な努力に時間をかけている間にも金利でどんどん借金がかさみ支払いを滞納してしまいます。自力で解決するのではなく素直に人の力を借りて債務整理を目指しましょう。

弁護士か司法書士か

借金問題解決に尽力してくれる相談相手としては弁護士が頭に思い浮かびますが、司法書士も借金問題解決を手がけています。両者とも依頼に応じて必要な手続きを進めてくれる点では同じですが、一体どちらに相談するべきなのでしょうか。

弁護士は法律問題解決の専門家

弁護士は法律のプロフェッショナルとして法律に関わる問題を解決する専門家です。借金問題の解決においては債権者との話し合いや必要書類の作成といった仕事の他に問題がこじれた際は調停や訴訟など闘いの場が裁判に移るときは依頼者の代理人となって必要な手続きを進めてくれます。

債務整理が当事者間の合意のもとで完結する任意整理で終わらずに債権者から訴訟を起こされるようなケースでは弁護士に依頼するメリットが非常に大きくなります。

司法書士は法律に関する文書作成や登記の専門家

司法書士が専門に手がけるのは法律に関する文書の作成や登記の代行です。直接的に法律問題解決に介入することはなく、あくまでも依頼人の作業を代行するのが本来の仕事です。ただし、債務整理依頼に関しては一部特例が認められており司法書士が依頼を引き受けることが認められています。

司法書士に認められるのは個別債務の金額が140万円以下の借金や過払い金に関する簡易裁判所への訴訟代理権と債権者との交渉権で、弁護士と同様に借金問題解決を直接手がけることができます。借金や過払い金が140万円以下なら申請や手続きの全てを司法書士が代行するので、弁護士へ依頼した場合と同等のサポートが受けられます。

弁護士と司法書士、どちらに依頼する?

 

弁護士と司法書士、料金の違いは?

債務整理依頼の料金相場を比較すると弁護士が20万円〜50万円であるのに対し司法書士は10〜30万円と弁護士の方が高めです。これは司法書士が手がけているのが140万円以下の債務整理に限定されていることも影響しているので、金額は上ですが弁護士の料金が大幅に高いわけではありません。

整理対象となる借金額も考慮して料金を比較すれば弁護士と司法書士の料金差は数万円程度です。借金が少額なら司法書士で問題ありませんが、借金が高額なケースやトラブルで訴訟に発展しそうケースでは料金が高くても弁護士に依頼したほうが確実です。

自己破産における弁護士と司法書士の違い

自己破産手続きをする場合でも弁護士と司法書士のどちらも依頼を引き受けてもらえます。ただし、自己破産では認められる業務に1点大きな違いがあります。自己破産では借金の内容や再建計画を確認するために裁判官との面談が行われます。

「審尋」という名のこの面談で問題があると判断されてしまうと自己破産が認めらませんが、審尋の場に代理人として同席できるのは弁護士のみで司法書士は同席できません。審問は必ず行われるわけではありませんが、自己破産の大きなポイントになります。代理人として同席を希望するなら司法書士ではなく弁護士に依頼してください。

信頼できる代理人を探すことが重要

借金問題解決のために重要なのは弁護士と司法書士のどちらに依頼するかではなく、信頼できる人物であるかです。弁護士とら司法書士は能力の違いではなく職業の違いであり、優秀な司法書士なら弁護士よりも素晴らしい手際で問題を解決してくれます。重要なのは信頼して問題解決を任せられる人物を探すことです。無料相談を利用して能力や人柄を見極め、信頼できる代理人を探してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧