多重債務者は債務整理の費用がかさむってどういうこと?

MENU

CLOSE

多重債務者は債務整理の費用がかさむってどういうこと?

債務整理の価格はどのように決まっているのか?

 

任意整理の場合は1件ごとに行われます

債務整理をするうえで気になるのはその価格。これは、任意整理かそうでないかで変わってきます。というのも任意整理の場合は1件ごとに和解の手続きを行うため、借入先が多いほど料金がかかってしまうのです。

弁護士の着手金は1件につき2〜3万円です。もし、150万円の1件にしていたら着手金3万円だとすると、30万円の借金を5件にしていると着手金だけで15万円になってしまいます。このように、多重債務者は債務整理の段階でも不利になってしまうのです。

最初に複数カードを作っておくとお金を借りやすい反面、いざ滞納すると督促状や電話の処理が大変になるのです。また、多重債務は心理的にも重くのしかかるので、最初は一社ごとの限度額を高める努力から始めましょう。理論上年収の3分の1までは上げられるはずです。

個人再生、自己破産の場合は全ての債権者に対して行われます

対して、個人再生や自己破産の場合はすべての債権者に対して行う手続きなので債権者の数に左右されません。ただ、債権者の数が多いと債権者間の合意や支払計画を考える手間がかかりそうです。弁護士に頼むと費用はおよそ30万円前後します。お金がないのにお金を取るのかと思いますが、費用は基本的に後払いかつ分割払いです。

家計の緊急度の順に並べると、任意整理、個人再生、自己破産となります。個人再生を行う場合は安定した収入があり、借金が100万円以上5000万円未満の時です。そのため、年収があまりに少ない場合だと任意整理か自己破産かの二択になることがあります。ちなみに100万円未満の場合は個人再生で債務が減ることは無いでしょう。

自己破産を行う場合は、支払い不能の時です。任意整理のように緊急度が低いわけでもなければ個人再生のように、立ち直るめどもない。そんなどうしようもない場合には一度債務をリセットしてしまうのです。月々の支払いの3割が借金の支払いになるようであれば自己破産を考えると良いでしょう。債務整理が現実的になるのは月々の支払いの2割ほどが返済に充てられている場合です。

完済者の方も利用したい債務整理

 

完済した人は債権者になれるってどういうこと?

実は完済した人の債務整理が増えています。完済しているのに債務整理と聞くとおかしいように感じますよね。実はあなたが知らないうちに相手にお金を払い続けていること、ご存知ですか?かつて、金融会社は刑事罰を受けないことをいいことに、借金についての法律より高い金利でお金のやり取りをしていました。

そのため私たちは法定利率よりもずっと高い利息を支払わされていたのです。しかも、こちらが支払ったお金は勝手に支払ったものとして処理されていたのです。しかし法改正によって過払い金は全て変換してもらえることが決まりました。

そこで、借金をすべて支払い終えた人が続々と過払い金返還請求を始めています。これは証拠さえあれば誰でも取り返せるので、弁護士事務所も力を入れています。相談料が無料となっているところも多いのでまずは気軽に問い合わせてみましょう。

過払い金返還のためには何が必要なの?

過払い金は自分で計算することはもちろん、相談料がかからない場合は支払い履歴と契約書(WEBでも)を持って弁護士事務所で計算してもらうのも一つの手です。そして過払い金の存在が分かったら弁護士に交渉をしてもらいましょう。相手も必死なのであの手この手で返還を免れようとするからです。

そして、無事過払い金が返ってきたらその15〜25%を成功報酬として弁護士の方に支払います。現在、返済中にある方でも使える制度なので債務整理をすることで大幅に借金が減ることも考えられます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧